借金返済ブログ

任意整理の進め方をお伝えします。

日々返済のことで頭がいっぱいで、穏やかな春の陽気が逆に私を憂鬱にしている気さえします。
季節を純粋に楽しめる日々はいつやってくるのやら・・・
債務整理の手かがりを探っては、八方ふさがりに陥るという繰り返し。
でも誰かの役に立てばと思い、手続きの一つである任意整理の進め方を書いておきます。

任意整理は手続きも簡単で、借金の減額が見込めることから、最初に検討したい方法です。
弁護士や司法書士に任せられるため、自分で借入先の債権者に交渉する必要もありません。
ここでは、任意整理の手続きの流れとかかる期間等わかりやすく説明します。

まずは任意整理のメリットとデメリットはこんな感じです。

メリット

利息分が減額され、総支払額が減る。
毎月の返済額が下がる可能性がある
裁判所を利用しない手続きなので、家族や職場にはバレない。

デメリット

完済後約5年間は信用情報機関に記録が残り、期間中に新規のクレジットカード作成やローン、キャッシングの利用ができなくなります。

それでは、任意整理の流れを見ていきましょう。

まずは法律事務所に相談

任意整理をする前に、法律事務所に問い合わせて相談する必要があるんです。
相談なら無料というところが多いみたいですね。

相談の結果、そこから手続きを進めることになれば弁護士や司法書士と契約を締結することになります。
その後、まずは、弁護士や司法書士から各債権者に対して受任通知(介入通知)を送付します。
それによって、弁護士や司法書士は代理人となり、債権者からの直接の取立て(請求書など)ができなくなります。

債権者の方はというと、弁護士や司法書士に債権調査書を送ることになります。
それもをもとに、弁護士や司法書士が債権者(消費者金融やクレジット会社など)の債権内容詳細について交渉することになります。

和解案を基に交渉開始

その中で、任意整理における返済条件を定める和解案(分割払いの回数や利息のカットにどこまで応じてくれるか)を作成していきます。
できあがった和解案を各債権者に送り、そこから交渉をしていくことになります。

そこで無事和解が成立となれば和解案に基づいて各債権者への返済がスタートとなります。

まとめ

法律事務所への相談

契約締結

各債権者に受任通知送付

取引履歴(契約時から今日までの明細書)が法律事務所に届く

取引履歴をもとに各債権者と交渉

和解成立

各債権者の返済スタート
という流れで進めていきます。
任意整理は借金をゼロにする方法ではありませんが、借入の返済を楽にするための方法です。また、自宅や自動車などの財産には一切影響がないため、比較的気軽に手続きができます。しかし、自分で任意整理しようと思って業者と話し合いをしても、必ずできるわけではありません。その金額やこれまでの返済状況など、総合的に判断して任意整理が認められない場合もあるため、その点は注意が必要です。

ランキングに参加をしています。

私も実際に連絡した借金返済、債務整理の無料相談です

何とか返済を頑張っていますけど、失業や病気など何が起こるかわかりません。

そんな時のために、いつでも債務整理の手続きができるよう、事前に相談しております。

C-ens(シーエンス)法律事務所

私が無料でよく相談していたC-ens(シーエンス)法律事務所です。

借金の悩みは話しづらいですが、相談員さんがしっかりと話を聞いていただけます。

もちろん夜間を含め、年中無休で無料相談することができます。

ご家族にどうしても内緒にしたい借金相談をしたい方、相談すると気が楽になりますよ

近藤邦夫司法書士事務所

匿名、完全無料で借金の無料減額診断を受けれます

24時間365日受付していただけます。簡単な質問で借金の相談が出来るので、家族や友達に内緒で相談ができました。

顧客視線の事務所で満足度が非常に高いのも特徴です。 私は借金の返済が行き詰まり、相談することで気持ちが楽になりました。

-借金返済ブログ

Copyright© 誰にも内緒の700万円借金返済ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.