借金返済ブログ

借金の悩みを解決したい!ならば債務整理でいかがでしょうか

借金の返済に追われ、家族や友人にも言えず日々一人で抱え込むことはとても辛いことです。

大事なのは、今の状況からどうすれば脱却できるのかしっかり調べること。

今日お伝えするのは、借金の悩みを解決する手助けになるかもしれない債務整理についてです。

債務整理とは

債務整理とは借金問題を解決に導くための合法的な救済制度のことをいいます。
具体的には「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」といった方法があり、これらをまとめて債務整理と呼びます。

債務整理の主な方法には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります、特定調停とは、裁判所の仲裁のもとで債権者と交渉し、無理のない返済方法を取り決めるというものです。

任意整理

債務整理とは、借金の額を減らし、苦しい返済負担からの解放と生活の再建を目的にした、個人の債務を整理する手続全般のことをいいます。
(任意整理に関してこちらの記事ご覧ください)

メリット

①利息分が減額され、総支払額が減る。
②毎月の返済額が下がる可能性がある
③裁判所を利用しない手続きなので、家族や職場にはバレない。

デメリット

完済後約5年間は信用情報機関に記録が残り、期間中に新規のクレジットカード作成やローン、キャッシングの利用ができなくなります。

自己破産

「自己破産」とは、財産、収入が不足し、借金返済の見込みがないことなど(これを「支払不能」といいます)を裁判所に認めてもらい、原則として、法律上、借金の支払い義務が免除される手続です。

メリット

借金の返済義務がなくなること(ただ一部の債務は自己破産後も返済義務がある)

デメリット

①信用情報機関に記録が残り、新規のクレジットカード作成やローン、キャッシングの利用が10年前後できなくなります。
②一定以上の価値のある財産(資産価値として20万円以上)が処分される

個人再生

裁判所を介して借金を5分の1前後程度にまで減額し、原則3年間(場合によっては最長5年)で返済していく方法です。

メリット

条件によっては借金の元本を5分の1〜10分の1にまで減額できること

デメリット

①債務整理の中でも最も手続きが複雑で費用・時間がかかる
②信用情報機関に記録が残り、新規のクレジットカード作成やローン、キャッシングの利用が10年前後できなくなります。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があり、いずれかの手続きを行えばほとんどの借金問題は解決できます。
上記説明を見ると、どれが私には適しているのだろう?と考えますよね。

そんな時に下記の法律事務所に相談をすれば、あなたに合った最適な方法を一緒に考えてくれます。
そのまま対応を依頼すれば督促もストップして安心して生活できるでしょう。

借金にお困りの場合、早めに法律事務所に相談してみましょう。

ランキングに参加をしています。

私も実際に連絡した借金返済、債務整理の無料相談です

何とか返済を頑張っていますけど、失業や病気など何が起こるかわかりません。

そんな時のために、いつでも債務整理の手続きができるよう、事前に相談しております。

C-ens(シーエンス)法律事務所

私が無料でよく相談していたC-ens(シーエンス)法律事務所です。

借金の悩みは話しづらいですが、相談員さんがしっかりと話を聞いていただけます。

もちろん夜間を含め、年中無休で無料相談することができます。

ご家族にどうしても内緒にしたい借金相談をしたい方、相談すると気が楽になりますよ

近藤邦夫司法書士事務所

匿名、完全無料で借金の無料減額診断を受けれます

24時間365日受付していただけます。簡単な質問で借金の相談が出来るので、家族や友達に内緒で相談ができました。

顧客視線の事務所で満足度が非常に高いのも特徴です。 私は借金の返済が行き詰まり、相談することで気持ちが楽になりました。

-借金返済ブログ

Copyright© 誰にも内緒の700万円借金返済ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.