借金返済ブログ

総量規制適用外 銀行カードローンの平均借入金額約150万で増加傾向

「銀行カードローン」は、申し込みが済んでいれば、あらかじめ決められた利用限度額まで、いつでも必要なときにATMを使って借り入れができます。人に会うことなく、手軽にお金が引き出せるので借金がしやすく、金融庁から借りすぎが警告されています。借りすぎてしまう理由としては、総量規制適用外だからです。

手軽にお金が借りれるって危険ですよね。

銀行の借入と総量規制

今回は、銀行の借入と総量規制について説明していきます。

一般財団法人 全国銀行協会が、「銀行カードローンに関する消費者意識調査」の結果を公開しています。2020年1月に行なわれたインターネット調査には、20歳から69歳の男女約2,000人が回答しています。これを基に統計しますと、平均借入金額は約150万となります。また借入期間で4年以上利用している人は約43%に及び、短期間で完済ができないことが分かります。

総量規制とは

ここで総量規制について説明していきます。

総量規制とは、貸金業者から借りられるお金の総額の上限を規制する法律です。その内容を簡単に説明すると「貸金業者が行う貸し付けは、ご本人の年収の3分の1を超えてはならない」というものです。つまり、お金を借りる側から見れば、「年収の3分の1までしか借りられない」ということです。
ここで言う貸金業者とは、消費者金融や信販会社になります。つまり、銀行は貸金業者ではありません。
また、クレジットカードでのショッピング(買物)による借金も、総量規制の対象外となります。

総量規制にあてはまらない貸付も

総量規制にあてはまらない貸付も紹介していきます。

総量規制にあてはまらない貸付

1. 不動産購入のための貸付け(いわゆる住宅ローン)
2. 自動車購入時の自動車担保貸付け(いわゆる自動車ローン)
3. 高額療養費の貸付け
4. 有価証券を担保とする貸付け
5. 不動産を担保とする貸付け
6. 売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け

他にも、総量規制の例外貸付はありますが、基本的には上記がメインになります。

銀行カードローンを利用している方の借金の金額は、自分の年収に対して、どれぐらいの割合なのでしょうか。
結論から申しますと、年収の1/3以上の借金がある人は全体の約40%以上に及びます。また、年収以上の借金がある人は、全体の約15%に及びます。

上記で説明した通り、返済困難・借金が減らない方は、やはり一人で解決しようとせず、弁護士や司法書士に相談することをオススメします。

ランキングに参加をしています。

私も実際に連絡した借金返済、債務整理の無料相談です

何とか返済を頑張っていますけど、失業や病気など何が起こるかわかりません。

そんな時のために、いつでも債務整理の手続きができるよう、事前に相談しております。

C-ens(シーエンス)法律事務所

私が無料でよく相談していたC-ens(シーエンス)法律事務所です。

借金の悩みは話しづらいですが、相談員さんがしっかりと話を聞いていただけます。

もちろん夜間を含め、年中無休で無料相談することができます。

ご家族にどうしても内緒にしたい借金相談をしたい方、相談すると気が楽になりますよ

近藤邦夫司法書士事務所

匿名、完全無料で借金の無料減額診断を受けれます

24時間365日受付していただけます。簡単な質問で借金の相談が出来るので、家族や友達に内緒で相談ができました。

顧客視線の事務所で満足度が非常に高いのも特徴です。 私は借金の返済が行き詰まり、相談することで気持ちが楽になりました。

-借金返済ブログ

Copyright© 誰にも内緒の700万円借金返済ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.